業許可支援業務
HOME > 医療機器開発支援業務

医療機器開発支援業務

我が国の医療機器市場規模は、平成23年度は約2.4兆円と過去最高の市場規模となっており、世界でも最も進んでいるとされる少子高齢化現象に伴う患者数の増加および医療費の伸びに伴い、今後さらに市場は漸増が見込まれております。
そのためこれからの我が国は、世界に発信できる医療機器を独自に開発していく必要があります。

Japan MDCは、医療機器の開発から事業化に至るまで、具体的ビジネスプラン構築の支援を望まれている企業様に対して、下記のトータルなコンサルティングサービスを行っております。


医療機器開発支援業務

Japan MDCは、医療機器開発に対する、下記のトータルなコンサルティング・サービスを行っております。

1. 医療機器開発支援およびビジネスプランの構築

2. 業許可申請支援

3. 薬事戦略の構築

4. 薬事申請書作成および申請・承認業務

5. 治験デザイン構築および治験実施管理

6. 薬事承認情報の調査

7. 保険適用・償還・収載支援

8. 医師による未承認医療機器の個人輸入



ビジネスプラン構築へのステップ概要

1. 医療現場における課題や問題点とニーズの抽出

2. 問題点とニーズによる開発コンセプトの策定

(1) 誰に(患者、医師、医療機関など、解決すべき問題を抱えている人)
(2) 何を(問題を解決することで顧客が得るメリット)
(3) どのように(販売方法、販売チャンネルなどのノウハウ)

3. 「当該医療機器を提供することで顧客が得られる本質的な価値」(製品コンセプト)
の明確化

4. 「顧客が抱える現状の問題点とは何か」の明確化

5. 「顧客は、他社ではなく、なぜあなたの商品を購入する必要があるのか」の明確化

6. 「現状の製品との差別化」の明確化

7. 当該製品の市場規模の確認

8. 開発戦略の構築

(1) 協力医師および医療機関
・当該開発に適する医師、医療機関等の選別と確保
(2) 薬事承認
・同等既承認品の有無と差異の調査
・治験(臨床データ)の必要性の調査
・ビジネスライセンスに係る戦略の構築
・薬事承認書作成
・保険収載に係る戦略の構築
(3) 知的所有権
・既存同等知的所有権の有無の調査
・知的所有権申請書作成(特許、実用新案、意匠、登録商標)
(4) ビジネスプランの構築
・販売価格、売上予想、製造コスト、資金計画、人件費も含む損益計画書(PL)を含むビジネスプランの構築
・ビジネスモデル及び事業の強み・弱み、差別化の明確化


医療機器市場調査および導入支援

医療機器の新たな市場への導入戦略を構築する際には、その市場性をニーズおよびシーズの面から調査する必要があります。また、他社との熾烈な競争に打ち勝つための新戦略立案などを構築することも必要です。

Japan MDCは、医療機器マーケティングおよびセールス戦略、そして薬事戦略に対して20年以上の成功経験を持つプロフェショナルが皆様の医療機器開発業務に対して的確なアドバイスを行います。
また、医療機器市場、短中長期にわたる市場動向、ディストリビュータ、競合、薬事環境等を戦略的に調査し、製品の市場性、市場規模、リスクアナライズの検討を行い、皆様の医療機器開発が成功に導くよう最後まで親身にサポートいたします。


************************************************************************************************
Japan MDCは、皆様が抱えられている様々な問題に対して、親身なるサービスおよびサポートを行っている医療機器のトータル・コンサルティング会社です。
是非お気軽にお問い合わせください。

Tokyo time

医療機器開発支援業務

▲ このページの先頭へ