情報セキュリティポリシー
HOME > 情報セキュリティポリシー

情報セキュリティポリシー

Japan MDC, LLC(以下「JMDC」という)は、医療機器コンサルティング会社として、お客様から機密情報を提供して頂き、当社の知的資産を活用した様々なサービスを提供しております。従来からJMDCは、プロフェッショナルとしての職業倫理を徹底すると共に、情報管理体制の確立に努めております。 また、下記の通り情報セキュリティ基本方針(セキュリティ・ポリシー)を掲げ、JMDCの役員、パートナー及び従業員に周知徹底することにより、当社が取扱う全ての情報資産を適切に保護します。

情報セキュリティへの取組み
JMDCは、全ての役員及びパートナー、従業員等に情報セキュリティの重要性を認識させるとともに、情報資産に対する適切な管理がなされるように、「情報セキュリティマネジメントシステム」を確立し、これを継続的に改善します。

法令等の遵守(コンプライアンスの確立)
JMDCは、情報セキュリティへの取組みを関連する法令、規格その他の規範に準拠・適合することとし、これらの法令、規格その他の精神を遵守します。

情報資産の保護
JMDCは、お客様及び当社の情報資産について、機密性及び可用性に対する脅威から情報資産を保護し、事業継続を確かなものとするために、当社の各事業部、関連会社はもとより協力会社についても可能な限り、業務内容、形態に応じて最適な管理策を講じます。

情報セキュリティの教育
JMDCは、教育、研修を通して役員、パートナー及び従業員の情報セキュリティに関する意識向上を図るとともに、全社をあげて情報セキュリティを実践します。

事故の予防
JMDCは、情報セキュリティに関する事故の発生予防に努めるとともに、万一事故が発生した場合は、事故対応のみならず再発防止策を含む適切な対策を速やかに講じます。

最終改訂日:2008年5月20日

Japan MDC, LLC 代表取締役社長  満田 邦彦

▲ このページの先頭へ